ヤベツ会について | メディカル・エステル | 金澤なかでクリニック・金澤タニタ食堂・メディカルサポートセンターアップル・タクティール金澤

ごあいさつ

私達ヤベツ会のスタートは、石川県白山市の美川地区で内科、皮膚科、泌尿器科として開業し、地域の
方々に支えられ15周年を迎えました。 開業以来、地域医療への貢献、女性医師へのサポート等心がけて
積極的に取り組んでまいりました。
活動を通じて、最近特に感じていることがあります。
それは市民健診や会社健診を受けられた後の過ごし方についてです。
もし高血圧、脂質異常症、糖尿病など、何らかの結果がでた時に治療や指導を受けていただくことが最
善です。ですが、 多くの傾向として、健診を受けるだけになってしまっている。
また結果を受け取ってもどこの医療機関へ行ってよいかわからない という方もいます。こうした場
合、病気の手前や初期の段階をも逃してしまうことがあります。もちろん、健診の結果が健康であって
も 病気にならないよう指導を希望される方もいらっしゃると思います。
そうした方々に指導させていただけたらと考えていました。
例えば、 生活習慣病、特に糖尿病にならないための指導の基本は
食事と運動です。
特に食事に関してはカロリー表示、塩分控えめと口で伝え説明をするだけでは、なかなか理解するこ
とが難しいです。

そんな想いを進めてくれたのが『タニタ食堂』さんとの出会いでした。
「タニタ食堂」のノウハウと、実際にメニューを見て食べて、 みなさんに体感していただきたいと考えました。
人は生きるために、食事は毎日摂ります。「医食同源」とはこのことで、 毎日の昼食を良い食事
に切り変えていただければだんだん意識も変わっていくと思います。それから、糖尿病にならないよ
うに、 なっても悪化しないようにすることは可能です。それには毎日少しでも意識して生活を変えて
いくことが必要なのです。
そう考えて金沢市近岡に「金澤タニタ食堂」と「金澤なかでクリニック」を併設した総合医療施設『メディ
カルエステル』を 開設することが出来ました。この施設が皆様の健康のサポートになれば幸せです。

ヤベツ会の意味と理念

ヤベツ会の〈ヤベツ〉は、聖書に出てくる人名で「ヤベツ」という名前の意味は「痛
み、苦しみ、悲しみ」を表わしていいると言われています。 人として生きてい
るには、この「痛み、苦しみ、悲しみ」の感情からは逃れることは出来ません。
医療に携わるものとして患者さんの 「痛み、苦しみ、悲しみ」と常に寄り添う
気持を持ち続けることが大切だと考え、私達の医療法人社団の名前として使わ
させていただく ことにしました。

ヤベツ会のシンボル

いのちを祈る心で笑顔の医療

私たちは小さな存在ですが、想いや祈りが一つになると大きなパワーを発揮
します。 ヤベツ会のシンボルは、小さな点が集まり、ひとつの祈りの形にな
ることをシンボライズしております。
ヤベツ会は、 スタッフ全員が命を大切
にする想いで、笑顔で医療と向き合う決意を表しています。

ヤベツ会の場所